日本関係欧文図書および平戸オランダ商館に関連する先行研究の一覧を以下5分類に分け、各ページにて掲載しています。

日本関係欧文図書関連(和文)著書・論文

著者 タイトル・刊行元 刊行年 掲載ページ
小林 将輝 「江戸期の旅行記録に見られる相撲体験について―モンターヌス, ケンペル, シーボルトを例に―」『駿河台大学論叢』55巻 駿河台大学教養文化研究所 2017 75-93頁
クレインス・フレデリック 『オランダ商館長が見た江戸の災害』講談社現代新書 2019
齋藤 晃 編 『宣教と適応―グローバル・ミッションの近世―』名古屋大学出版会 2020
五野井隆史 『ルイス・フロイス』吉川弘文館 2020
吉村雅美 「近世日本に関わる在外史料研究の現在」『歴史評論』2019年10月号(第834号) 歴史科学協議会 2019 5-16頁
松方冬子 編 『国書を結ぶ外交』東京大学出版会 2019
蝶野立彦 「対抗宗教改革期及び三十年戦争期のドイツにおける日本宣教情報の受容と解釈」『カルチュール』第13巻1号 明治学院大学教養教育センター紀要 2019 71-89頁
瀧澤修身 「天正遣欧使節」『映しと移ろい = Metempsychosis and passage : 文化伝播の器と蝕変の実相』花鳥社 2019
高橋祐史 『戦国日本のキリシタン布教論争』勉誠出版 2019
清水有子 「イエズス会日本年報の活用をめぐって」『歴史評論』2019年10月号(第834号) 歴史科学協議会 2019 17-27頁
伊川健二 ・岡本真 「附録 東洋文庫所蔵フロイス『日本史』写本について」『多元文化』第8巻 早稲田大学多元文化学会 2019 192-189頁
伊川健二 「フロイス史料研究事始」『多元文化』第8巻 早稲田大学多元文化学会 2019 232-211頁
浅見雅一 野々瀬浩司 編 『キリスト教と寛容:中近世の日本とヨーロッパ』慶應義塾大学出版会 2019
伊川健二 『世界史のなかの天正遣欧使節』吉川弘文館 2017
中島大輔 「A. モンタヌスの『日本誌』に描かれたCangoxuma( 鹿児島) : その史料的価値に関する一考察」『経済学論集』第87巻 鹿児島大学法文学部 2016 41-79頁
高瀬弘一郎 『キリシタン時代のコレジオ』八木書店 2016
高瀬弘一郎 『キリシタン時代対外関係の研究 新訂増補』八木書店 2016
五野井隆史 監修 『キリシタン大名 布教・政策・信仰の実相』宮帯出版社 2016
浅見雅一 『概説キリシタン史』慶應義塾大学出版会 2016
岩井大慧、岡本良知 『元和年間 伊達政宗遣欧使節の史料に就いて』国会図書館支部東洋文庫 1956
松田清 「蘭学史におけるツュンベリーと阿蘭陀通詞」『杏雨』武田科学財団、第19号 2016 133ー152頁
小川仁 「シピオーネ・アマーティ著「日本略記」(手稿)における考察ールイス・デ・グスマン著『東方伝道史』(1601)からの引用についてー」『日本研究』第53集、国際日本文化研究センター編 2016 101-126頁
江夏由樹・福島知己・床井啓太郎 「一橋大学社会科学古典資料センター所蔵の旅行記についての研究」『一橋大学社会科学古典資料センター年報』一橋大学社会科学古典資料センター編 2014 41ー57頁
服部英雄・曽田菜穂美 「翻訳・フロイス『日本史』3部1~4章」『比較社会文化 : 九州大学大学院比較社会文化学府紀要』第20集、九州大学大学院比較社会文化学府 2014 31ー52頁
服部英雄・曽田菜穂美 「翻訳・フロイス『日本史』3部5~6章」『地球社会統合科学:九州大学大学院地球社会統合科学府紀要』第21集(1・2)、九州大学大学院地球社会統合科学府 2014 93ー100頁
松本英治 「ゴローウニン事件と日蘭関係 (特集 ゴローウニン事件解決200年)」『洋学史研究』第31集、洋学史研究会 2014 1ー13頁
渡邉直樹 「ライブニッツとケンペルの儒教解釈―ヨーロッパ啓蒙主義考―」『外国文学』63号、宇都宮大学外国文学研究会編 2014 57ー76頁
渡邉直樹 「ケンペルとヨーロッパ啓蒙主義―権力構造のイデオロギーとしての儒教―」『宇都宮大学国際学部研究論集』第35号、宇都宮大学国際学部編 2013 23-33頁
大島明秀 「近代日本におけるケンペルの読まれ方」『文彩 BUN-SAI』第7号、熊本県立大学文学部編 2011 44-52頁
クレインス, フレデリック 『17世紀のオランダ人が見た日本』臨川書店 2010
スキュンケ, マリー・クリスティーヌ著、松田清訳 「カール・ペーテル・ツュンベリー:アムステルダム、出島からウプサラのリンネ館まで」『衆芳』(小野蘭山没後二百年記念事業報告書)、小野蘭山没後二百年記念事業会 2010 14-27頁
五之治、昌比呂 「ラテン語で読むケンペル「鎖国論」:『廻国奇観』所収論文とその翻訳について」『西洋古典論集』第22号、京都大学文学研究科西洋古典研究室編 2010 260-278頁
仙台市史編さん委員会編 『仙台市史 特別編八 慶長遣欧使節』宮城県教科書供給所 2010
渡邉直樹 「啓蒙主義者ドームとケンペル 儒教と宗教的寛容の接点」『宇都宮大学国際学部研究論集』第27号、宇都宮大学国際学部編 2009
東海大学付属図書館編 『東海大学付属図書館第51回展示会 外国から見た日本―幕末から明治初期―』東海大学付属図書館 2009
クレインス, フレデリック 「〈研究資料〉ポンペの日本史観」『日本研究』第40集、国際日本文化研究センター編 2009 319-356頁
北原糸子 「ティツィング『日本風俗図誌』(一八二二)掲載の二点の火山噴火図について」『歴史民俗資料学研究』第13号、神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科編 2008 269-298頁
折田洋晴 「日本関係洋古書の我が国での受容について」『参考書誌研究』第68号、国立国会図書館主題情報部編 2008 1-8頁
斎藤ひさ子、蛭田顕子、渡辺富久子 「日本関係洋古書の我が国での収蔵状況について」『参考書誌研究』第68号、国立国会図書館主題情報部編 2008 9-49頁
クリモワ, オリガ・ヴァヂモヴナ 「〈研究報告〉ロシア史料に見るフヴォストフ海軍中尉とダヴィドフ海軍少尉が行った1807年度第2回サハリン遠征とロシア政府の対応」『日本語・日本文化』第33号、大阪大学『日本語・日本文化研究』編集委員会編 2007 109-124頁
クレインス, フレデリック 「十七世紀バタヴィアからの日本情報――スハウテン『東インド紀行』における日本関係記述」『日本研究』第35集、国際日本文化研究センター編 2007 275-310頁
クレインス, フレデリック 宮田昌明 「〈資料研究〉17世紀オランダに普及した日本情報――デ・フリース『東西インド奇事詳解』における日本関係記述」『日本研究』第33集、国際日本文化研究センター編 2006 171-296頁
大島明秀 「近世後期日本における志筑忠雄訳『鎖国論』の受容」『洋学(洋学史学会研究年報)』第14号、洋学史学会編 2005 1-32頁
大島明秀 「エンゲルベルト・ケンペルの「神道」研究とその背景」『九州史学』第一四二号、九州史学研究会編 2005 46-64頁
京都外国語大学付属図書館編 『日伊文化資料展示会―「日本におけるイタリア2001年」を記念して―』(展示目録)、京都外国語大学付属図書館 2001
H.チースリク監修、太田淑子編 『日本史小百科 キリシタン』東京堂出版 2001
仙台市博物館編 世界と日本-天正・慶長の使節-』仙台市博物館 1995
松田清 「江戸時代のプリニウス」『物のイメージ─本草と博物学への招待─』(山田慶児編)、朝日新聞社 1994 231-262頁
永積洋子 「会社の貿易から個人の貿易へ―十八世紀日蘭貿易の変貌―」『社会経済史学』60巻3号、社会経済史学会編 1994 321-348頁
天理大学附属天理図書館編 『ポルトガルと日本 イエズス会資料を中心に』天理ギャラリー 1994
天理大学附属天理図書館編 『古地図の中の日本: 天理図書館開館62周年記念展』天理大学出版部 1992
放送大学編 『西洋の日本観 フロイスからシーボルトまで』放送大学 1990*
仙台市博物館編 『図録 ローマの支倉常長と南蛮文化』仙台市博物館 1989
ヨリッセン, エンゲルベルト 『カルレッティ氏の東洋見聞録―あるイタリア商人が見た秀吉時代の世界と日本』PHP出版 1987
松田清 「ショメル『日用百科事典』初版について」『山桃』高知大学付属図書館編 1986 3-6頁
ペンローズ, ボイエス著、‎ 荒尾克己著 『大航海時代―旅と発見の二世紀』筑摩書房(Boies Penrose Travel and discovery in the Renaissance, 1420-1620, New York, Atheneum, 1962.) 1985
永積洋子 「オランダ商館と脇荷貿易について」『日本歴史』12月号、第379号、日本歴史学会編 1979 55-90頁
クーパー, マイケル著、松本たま翻訳 『通辞ロドリゲス―南蛮の冒険者と大航海時代の日本・中国』原書房 Michael Cooper, Rodrigues the interpreter : an early Jesuit in Japan and China, New York, Weatherhill, 1974.) 1991
京都外国語大学付属図書館編 『日本関係資料図録』京都外国語大学 1973
沼田次郎 「蘭国商館長メイランとその著作」『日本歴史8月号』第51号、日本歴史学会編 1952 3-10頁
牧健二 『西洋人の見た日本史』弘文堂 1949