カタイ、マンジとも呼ばれし中国図

制作年 1682年
制作者 ロッシ
出版地 ローマ
言語 イタリア語
イタリア
分類 中国図

日文研データベースでこの地図の原画像を見る

日本関係欧文貴重書DBへのリンク

解説

 本地図〈カタイ、マンジとも呼ばれし中国図〉は、イタリア人地理学者のジャコモ・カンテッリ(Giacomo Cantelli, 1643-1695)により制作され、イタリア人出版業者のジョヴァンニ・ジャコモ・ロッシ(Giovanni Giacomo Rossi, 1627-1691)の編集により出版された地図です。カンテッリはイタリアのボローニャ近郊の出身で、ヴェネツィア共和国の駐仏大使の随行員としてパリに滞在した折、フランスの著名な地図製作者数人と親交を結んでおり、その後ローマに渡り、ロッシとの出会いから地図製作の世界へと足を踏み込んでいきました。一方のロッシは、ローマを中心に活躍した出版業者で、ローマ地図やローマの遺跡図、ナポリの王宮の平面図など地図や図面を中心に出版していました。そのようなロッシは、世界地図帳の出版を企画、息子のドメニコとともに、何版もの世界地図帳を出版していったのでした。
 本地図は、ロッシにより1680年代に出版された世界地図帳の一部であり、カンテッリにより制作された地図に、ロッシの指示のもとで彩色が施されています。また、ヨアン・ブラウ(Joan Blaeu, 1596-1673)やニコラス・サンソン(Nicolas Sanson, 1600-1667)により制作された地図の影響を受けており、中国で活躍したポルトガル人イエズス会士ベント・デ・ゴイス(Bento de Góis, 1562-1607)やオーストリア人イエズス会士ヨハン・グリューバー(Johann Grueber, 1623-1680)の知見が盛り込まれています。

(執筆:小川仁)